生ハム

 

スペインの実家に着くなり、スペイン人の母が

「リオさん、待ってたの。生ハムをもらったんだけど、切ってくれる?」と。

 

3日ほど包丁を触っていなかった数井シェフ、着いて早々生ハムと向き合う事に。

 

スペイン人の家族がいっぱいいるのに、母は「リオさんが一番お上手でしょ?」

褒めながら押しつけ(?)ていました。

 

数井シェフは喜んで引き受けていましたけど、何しろ切りにくい包丁に、

生ハムの景品でもらった台なので、とても切りにくそうでした。

いつも、プロ用の包丁と生ハム台ですからねぇ・・・

 

それでも、「生ハム食べ放題!」状態なので、せっせと切っては

二人でパクパク食べました。

切りたての生ハムは本当に美味しいですよね~☆

 

朝は生ハムのサンドイッチ。

ランチ前に、生ハムとビール。

ディナーは生ハムと赤ワイン。

 

幸せでしたぁ♪

 

 

ちなみにピンク色の母のエプロンが若干キツそうですが

エプロンにハマってしまい、最近、営業中はスペインで買った

エプロン姿の数井シェフです。

本人曰く、「話しかけやすいシェフ」を目指しているそうです。

 

やさしい皆さま、ご来店の際は話しかけてあげて下さいね★